FC2ブログ

手持ちの道具を使いこなす大切さ

じろうです。

確定申告のシーズンですね。
私は配当控除とふるさと納税の寄付金控除を申請する予定ですが、その準備をしていたときにふと、そういえばこういう制度って(もちろん条件がありますが)世の中の人はみんな知っているのだろうか?と思いました。


どちらも国の制度で節税できる仕組みではあるものの学校では習うものではありません。

会社や雑誌、ブログで知ったりあるいは知人から教えてもらったという方もいるでしょう。でもそのような機会にまだ遭遇していない人はまだまだいるのだと思います。確定拠出年金やNISA/積立NISAの普及率をみるとそう感じるのです。

知らぬ間に与えられている道具の真価を見出すことなく、ポケットに入れっぱなしになっているそんなもったいない状況がなぜ続いてしまうのでしょうか。それには国による金融教育が足りないということもあるのかもしれませんが、自分のお金をまもることより稼ぐ、ことに注意が向いているからではないかと個人的には思います。

もちろん稼ぐことで攻め続けて資産を形成できれば問題ないですが大抵の人は守ることも必要だと思います。何しろ富豪程節税に励んでいることが何よりの証です。所得規模が大きくないから・・・という声もあると思いますが、少ないからこそ節税した分を貯蓄や運用に回すことで一歩でも前に進める、そう考えて私は就職してからちょっとずつ国から与えられた道具の使い方を見つけてきました。

これからも国民にとって有益な制度ができたら、すぐキャッチアップして使いこなせるようにしたいです。
関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment