FC2ブログ

書評『ライフハック大全 --- 人生と仕事を変える小さな習慣250』

堀正岳さんの著書です。
少しずつ人生が変わっていく習慣を紹介しています。紹介されているものすべてを取り入れる必要はなく、自分にあったライフハック(日々の工夫)を生活に取り入れるだけでも十分効果があると思うので、ぜひ手にとって読んでみてください。

以下、読んでいて特に印象に残った3つのライフハックです。

1. 「30秒以内に見つかるか」ルールの徹底
家の中の小物から、書類、メールといったものまで30秒以内にアクセスできるようにするというルールです。

私は割と整理していたつもりだったのですが、たまにすぐ見つからないものがあり、以前は「あれあれどこ行っちゃったの」と探すときがありました。このルールを心がけた結果、自分のものの整理がより行き届いて、前よりスッキリした感じがしますし、
何よりもモノを探す時間がほとんど必要なくなりました
時間の節約+モノの整理整頓の効果が顕著にでるので、家族にもぜひ伝えたいライフハックです。

2.就寝前のルール
現代社会では、不眠症に悩んでいる人がとても多いとニュースで見ます。
不眠症までは行かなくても6〜7時間のみの睡眠時間で動いている人も多いのではないでしょうか。(ちなみに6・7時間の睡眠が日常になると5%のアルコールでよっているのと同じ状態という研究結果もあるとのこと)

ここで紹介されている以下就寝前のルールは段階的に体の緊張をなくしていき、自然と睡眠に入れるようにするものです。
これをやるだけで今日からすぐ変わるわけではありませんが、私は以下のように睡眠の習慣を変えていくことで、徐々にですが
よく眠れるようになったので、もし睡眠で悩んでいる方がいたら試しにやってみるのもいいと思います。

睡眠の10-3-2-1ルール
・10時間前にはカフェインを控える
・3時間前には食事も控える
・2時間前には仕事などの緊張感を高める作業を止める
・1時間前には液晶スクリーンを見るのをやめる
(『ライフハック大全 ---人生と仕事を変える小さな習慣250』より引用)

3.やめない仕組みづくり
何か習慣を作ろうとして、挫折してしまった経験はありませんか? 
英単語を毎日100個覚えることや毎日30分のランニングをするといったような例があると思います。ただこれをずーっと続けるのは正直根気のいることですし、続けられている方はすごいと思います。

体の調子が芳しくないといった時もあるのも当然です。ではどうするかというと、「とりあえず少しでも良いので続ける」ということを本の中では紹介しています。上の例でいうと辛い時は30分のランニングをウォーキングにするのも良し、英単語は10個でも良いので続けることが大事になってくるのです。

小さくても良い習慣が身につけば、少しずつ人生も変わってくるということが本書では分かりやすく説明されているので、もし興味を持った方は、ぜひ読んでみてみてください。

関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment